「心と体」のアンチエイジング

南波龍動が健康と生き方を考える

愛情の反対は?

マザーテレサの言葉に、こういうのがある。

「愛情の反対は憎しみではなく、無関心である」

 

例えば、夫婦。

お互いに無関心であることは、愛情がない、ということになる。

これを仮面夫婦というのだろう。

仮面は、真の姿を隠しているという意味だ。

もし、自分がパートナーに、無関心になっているなと感じれば、

もっと愛のある言葉をかけてあげよう。

昔のように、情熱を持って、付き合っていたころのことを思い出そう。

愛情は、育てていこうとする努力が大事だ。

花を育てるように、肥料を与え、水をやるように、

手間をかけて愛を育んでいこう。

 

愛と憎しみ。

まるで反対のように聞こえるが、

そのエネルギーの大きさとベクトル(方向)は、同じだ。

 

相手にまっすぐ突き刺さるエネルギ―の強さは、同質だと思う。

愛憎という言葉があるけれど、親密な間柄ほど、別れるときは大変だ。

離婚なんて、まさにその代表例だろう。

 

マザーテレサのように、人類愛という高尚な心境はなかなか難しいだろうが、

家族や身近な人を愛することができるだけで、幸せだ。

人を愛すると、自分の心が温かくなる。

幸せになる秘けつというのは、人を愛することかもしれない。

なぜなら、自分を愛せないと、人を愛せないからだ。

https://nanba-ryudou.jimdofree.com/