「心と体」のアンチエイジング

南波龍動が健康と生き方を考える

自殺はしなくていい

厚生労働省は、3月を自殺対策強化月間にしている。

春は入学や就職、転勤など、生活が変わる季節で、

環境の変化で精神的に不安定になるからかもしれない。

 

ともかく、季節を問わず、自殺はよくない。

自殺をしても、肉体は滅んでも魂は滅ばないからだ。

自殺をしたら、浮幽霊となって、この世をさ迷うだけ。

 

この世に、いろいろな困難なことが「宿題」として与えられて生まれてきた

のに、それを放棄して自ら命を絶つのは宇宙の法則に反している。

 

どんな辛いこと、苦しいことに直面しても、

命まで取られるわけじゃない。

 

どんなことをしてでも生き抜くと決断すると、

光が見えてくるだろう。

 

その光を頼りに必死に取り組んでいくと、

暗闇から明るい世界へと出ることができると思う。

 

生きているだけで、素晴らしく価値がある。

https://nanba-ryudou.jimdofree.com/