「心と体」のアンチエイジング

南波龍動が健康と生き方を考える

努力にも工夫を

目標に向かって努力をするとき、あまり張り切りすぎないほうが、

いいらしい。

苦痛をともなう根性の努力は、かえってマイナス効果になるから。

根性は聞こえはいいけど、自分を見失いがちだし、

回りの大事なことを忘れてしまいがちだ。

自分の目標にばかり気がとられて、

家族や友人、知人をないがしろにするのは本末転倒といえる。

同じ努力でも、楽しくて思わず没頭してしまうことが、より自然だね。

楽しくて、没頭してしまうと、

努力という概念がなくなってしまう。

仕事が趣味になるというのは、そういうことを指すんだろうね。

根性の努力は肩に力が入り、視野がせまくなりがちだ。

もし、思うように成果が上がらなかったら、イライラばかりが募ってくるだろう。

だから、自然体で、心に余裕をもって、ゲーム感覚で目標に取り組むほうがいい。

どんなことにでも、楽しむという習慣がつくと、人生が明るく見えてくる。

そう、失敗さえも、逆境さえも楽しむことができる心境になれば、

人生の達人になれる。

僕もそんな人になりたい。

https://nanba-ryudou.jimdofree.com/