「心と体」のアンチエイジング

南波龍動が健康と生き方を考える

過酷な体験を悲観しない

世の中には、つらく、苦しい体験をする人がいる。
想像を絶する困難を経験する人がいる。


そんな人があとになって、人を助けたり、
人の役に立つような仕事についている場合が多い。


どうやら、人助けをするために生まれてきた人が、
ひどい体験をさせられるのは、人の気持ちを知るためらしい。


そして、ひどい扱いを受けることがあるのは、
プライドをなくさせるため。
なぜなら、人助けにプライドは必要ないからだ。


こう考えると、すべての辻褄(つじつま)が合ってくる。
すべては宇宙の采配、計画によって動いている感じがする。


過酷な困難によって苦しめられると、
自分はどうして、こんなひどい目に遭うのかと、
自分を嫌いになったり、天をうらんだりしがちだ。


でも、人間には分からない宇宙や天の意思で、
その人の魂が成長するように計画されていることが分かる。

https://nanba-ryudou.jimdofree.com/


ハッピー日記ランキング