「心と体」のアンチエイジング

南波龍動が健康と生き方を考える

心配の原因は執着

生きていると、何かと心配事はつきものだ。
とくに、人生を長く生きていると、心配事は増えていく。


かくいう僕も、心配が絶えない人生だった(笑)。
小学生の頃から原因不明の体の傷やケガで、悩みは尽きなかった。
相談できる人もいなくて、自分の殻に閉じこもるような学生時代だった。

 

体の傷の原因は何だろうか。
果たして、治るものだろうか。
病院で無理なのだから、もう治ることはないのではないか。
そう考えると、暗黒の世界に迷い込んだような気分になる。


そのせいか、なんでも心配する性格になった。
いわゆる心配性というやつで、ネガティブな思考である。
悲観的にしか、物事を見られなくなる。
この気持ちは、大ケガや重病を経験した人なら、
きっと分かってくれると思う。


もちろん、世の中の心配事というのは、
健康面ばかりではない。
家族との仲が、うまくいかない。
お金がない。
進学や就職がうまくいかない。
恋が実らない。


いろいろな悩みを抱えながら、人は生きている。
僕は心配性の体質を克服するのに時間がかかったが、
今もそれに取り組んでいる(笑)。


心配の根本的な原因は、執着だと思う。
未来に対する執着だ。
手に入らなければ、どうしよう。
失敗したら、どうしよう。
病気が治らなかったら、どうしよう。
執着しているから、不安になる。


考えることが、マイナスばかりだと、
不安がますます大きくなって、どす黒い雲に覆われるように、
人生が陰鬱に暗くなってしまう。


世の中には、楽観的な人と、悲観的な人がいる。
成功者はおしなべて、楽観的な人という。


人生で成功するには、楽観的になる必要がある。
真面目に考えることは必要だが、
「なんとかなるさ」という楽観的な考えがとても大事だ。

https://nanba-ryudou.jimdofree.com/


ハッピー日記ランキング