「心と体」のアンチエイジング

南波龍動が健康と生き方を考える

「永遠の愛」はあるか?

いろいろな事件や事故で、なにやら殺伐としているような世の中ですが、愛があれば、もっと光輝くと思います。

この世で、最も価値があり、素晴らしいのは
愛ではないでしょうか。
愛に満ちあふれていれば、幸福感に包まれることでしょう。

人への愛。
仕事への愛。
社会への愛。
ペットへの愛。

すべてのことが、愛から出ているなら、光輝くと思います。
でも、愛は永遠ではないかもしれないことを、
頭に入れておきたいものですね。


人の気持ちは変わります。年月や状況、魂の成長に応じて変化します。
とても、移ろいやすいものです。


そういう性質であることを理解しておけば、苦しみも少なくなるでしょう。

 

人を愛するときも、100パーセントではなく、
99パーセントにしておくと、万が一、相手の気持ちが変わって、
自分から離れていったとしても、
苦しみは少なくて済むかもしれません。


1パーセントを、万が一のときのためにとっておくのです。
そうすれば、相手を許すこともできます。
相手を愛した、光輝いた楽しい時期を、
大切な思い出として残すこともできます。
1パーセントは自分のためでもあり、
相手のためでもあります。


愛はとても大切で貴重なものであるがゆえに、
クルマのハンドルのように、
わずかなゆるみやゆとりが必要かと思います。


愛する人が自分から離れていったときに、
「裏切り」と感じるか、あるいは「心の変化」や
「魂の成長」と感じるかで、モノの見方はずい分と変わります。


とはいえ、「永遠の愛」こそ、
この世で最も素晴らしいことに変わりはないと思います。

https://nanba-ryudou.jimdofree.com/

>
ハッピー日記ランキング