「心と体」のアンチエイジング

南波龍童が健康と生き方を考える

気分転換にドライブは最高

休みの日、天気が良かったので海沿いをドライブしてきた。
最近、ドライブが唯一の気分転換になっている。


若いころは、体が悪くても、
生活するのに仕事をしなくてはならなかったから、
車を持っていなかったし、趣味も楽しむ余裕もなかった。


それが健康になり、中年になって武術の稽古もやれるようになって,
俄然、BMWに乗りたいと思うようになった。
還暦になったというのに、車への興味がわいてきたのだ(笑)。


それまでは、仕事で毎日のように国産の普通乗用車を使っていたけど、
単なる乗り物、道具としか考えていなかった。


どうしてもBMWに乗りたくて、中古車屋さんを回って、
50万円くらいの格安を探して、乗っている(笑)。


購入した中古車屋さんの店主さんも、その車に乗っており、
メンテナンスの仕方をいろいろと教えてくれる。
僕はBMWファンのひとりになり、「遅い青春」を楽しんでいる。


僕が若いころは、車は若者が一番好きなもので、
カッコいい車を持つことが、ステイタスという風潮があった。


でも、現代は車を持つ若者が少なくなり、
運転免許すら持たない若者も珍しくないらしい。


車の販売会社で、メカニックの仕事をしている若い男性でも、
イカーを持っていない人もいるらしい。
世の中は、変わったんだと思い知らされる。


車は好きな時に、好きな場所に行けるところが、最高だ。
小さな旅をしている感覚になれる。


人生も地図のように、行き先が分かれば、
不安も苦労も少ないのだろうけど、
どこで何が起きるか分からない。
だからこそ、スリルがあるともいえるけれどね(笑)。


地図といえば、今はカーナビが標準装備だけど、
僕のBMWにはついていない(笑)。


あてのないドライブは、どこか人生に似ている。

https://nanba-ryudou.jimdofree.com/


ハッピー日記ランキング