「心と体」のアンチエイジング

南波龍童が健康と生き方を考える

服は派手めがアンチエイジング

札幌の街は、よさこいソーラン祭りでにぎわっている。
華やかな衣装に身を包んだ人々が、会場で元気いっぱいの踊りを披露している。


会場からの移動の際、そのままの衣装で、街中を歩く姿も見られる。
仲間といっしょのグループ行動だから、メイクしたままでも、
カラフルな衣装のままでも、まったく気にならない様子だ。


カラフルな衣装は、人目を引く。
きっと、本人たちは、よさこいソーラン祭りの衣装を着ているだけでも、
テンションが上がっているにちがいない。
お祭りの良さは、そんな非日常の衣装にもあると思う。


組織に属するサラリーマンのスーツは、紺かグレーの地味な色が定番。
地味ということは、個性をなくすることにつながる。
組織にとって、個性はないほうが、都合がよいということかもしれない。


昔はネクタイが、男のおしゃれのポイントの一つになっていたが、
省エネルックというのか、ノーネクタイが主流になっている。
おしゃれをするポイントが、なくなって寂しいと思うダンディも多いのではないか。



お祭りの衣装ではないけれど、少し派手めな洋服を着たほうが、
ワクワク、ドキドキ感があってアンチエイジングになる。
地味な洋服は、テンションがダウンして、よろしくない(笑)。


特に、女性の就職用の黒とかグレーのスーツは、いかにも地味だ。
会社用だからというのは、分かるけれど、
学校を出たばかりの若い女性が着るには、いかにも「冠婚葬祭」的。
もっと明るい色がいいんじゃないかと、オジサンは思ったりする(笑)。


若い人は若さがあるから、どんな色でも似合うだろうけど、
男女ともに、歳を重ねれば重ねるほど、明るい色、もっといえば、
派手めな服を着たほうが、元気でいられるような気がする。


派手めな洋服を着るという、「形」から入るのも、
アンチエイジングには大事なことだ。

https://nanba-ryudou.jimdofree.com/





ハッピー日記ランキング