「心と体」のアンチエイジング

南波龍童が健康と生き方を考える

久し振りの映画は予想外の内容で・・

久し振りに映画を見に行った。
ここ3年ほどは、新しい仕事にとりかかっており、
忙殺されて、映画を見に行くだけの気力がなかったのだ。


本を読んだり、映画や絵画を見にいくことは感性を高め、
気分転換に最高だと思う。


映画館へは昔はけっこう足を運んでいたのに、
仕事ばかりをしていたのでは、感性も枯渇してしまう(笑)。


それでネットでどんな映画をやっているのかざっと見て、
あとは上映時間を確認して、
空いている時間に映画を見ることにした。



平日の日中だったせいか、場内は女性が多かった。
久し振りの映画館というだけで、ちょっと気持ちたかぶる。
大きなスクリーンに、大音響。
やはり、映画は映画館で見るに限るね。


上映が始まり、イタリアの美しい自然がふんだんに写され、
陰影のあるカメラワークも巧みだ。


でも、だんだん見ているうちに、若い男同士が惹かれて、
愛し合う物語だと気づいて、ちょっとびっくり(笑)。


事前に、どんなストーリーの映画か、
ちゃんと把握しないで来てしまった自分が悪い(笑)。
飛び込みで入った感じだったからね。


これも一つの勉強かもしれない。
なぜなら、事前にストーリーが分かっていれば、
僕は見ないジャンルの映画だったからだ(笑)。


でも、こうも言える。
知らなかったからこそ、見ることができた映画。


それにしても、館内は圧倒的に女性が多く、若い人も少なくなかった。
こういう映画だと、分かってきたんだろうね。


やはり、映画館での映画鑑賞はいい。
シニア割引で1000円なので、これからはもっと足を運ぶことにしよう(笑)。

 


人気ブログランキング