「心と体」のアンチエイジング

南波龍童が健康と生き方を考える

人はそれぞれだから、思いやりが必要

ゴールデンウィークが過ぎても、札幌はけっこう肌寒い日が続いている。
昨日も、コートが必要なくらいだった。


季節の変わり目のときは、街の中でおもしろい現象が見られる。
それはTシャツを着ている人と、コートやアウターを着ている人が、
同時に街を歩いていることだ。

いつだったか、冬だというのに、Tシャツ姿の外人さんを見かけて、
びっくりしたことがある。


暑さ、寒さは、個人差があるということだろう。
同じ気温なのに、暑く感じる人もいれば、寒く感じる人もいる。
それは体質の差によるものなのかもしれない。


僕は寒がりだ。
ほかの人が半そでなのに、長袖というタイプ。
本当は半そでを着たいのに、肌寒く感じるからしょうがない。


そう考えると、いっしょに暮らす相手は、
同じような体感温度をもつ人がいいかもしれない(笑)。


いっしょにリビングにいて、
一人が寒いといい、もう一人が暑いといったら、
ちょっと面倒になる(笑)。


人間は「人の間」と書くように、人の中にいるわけだから、
人との関わりなしには、生きてゆけない。


なのに、どちらかというと、人との協同作業が、
あまり得意ではない僕だから、仕事でもフリーの時代が
25年近くもあった。


よく、人と同じことに取り組むのでも、「温度差がある」という言い方がされる。
これは熱意がある人と、熱意がない人がいる、という意味だ。
まるで、さっきいったTシャツの人とアウターの人の違いに、そっくりだ(笑)。


人はそれぞれだから、思いやりをもって、
相手のことを考えてあげることが大切なのだろうね。

rel="nofollow">
人気ブログランキング