「心と体」のアンチエイジング

南波龍童が健康と生き方を考える

本物は少ないから、見極める目を養おう

本物と、そうでないものをちゃんと見極めるのは、
なかなか難しいですね。

 

例えば、食べ物。
今の進んだ技術をもってすれば、色や光沢などは、
化学的な添加物などで本物に近いものができちゃうんでしょうね。
でも、一口食べると、味わいで本物かどうか、分かります。
しかし、それには条件があって、
本物の、自然の味を舌が知っている場合、なんですね。
添加物の食べ物ばかり食べていると、麻痺していて、
なかなか分からないでしょうけど・・。

 

 

例えば、武術。
これも、見た目じゃ、本物かどうか、なかなか判断ができません。
僕の経験からすると、打撃を受けて、技をかけられて
相手の実力がわかります。
つまり、叩かれないと、なかなか分からなものなんです(笑)。
いろいろな武術や武術家に出会って、比較できると思います。

 

例えば、宗教。
これも世の中には、たくさんあって、
本物を探し出すのは、至難の業かもしれませんね。
どれも、これも本物らしく見えちゃうから・・
でも、これこそ本物とそうでないものの違いは、大きいでしょう。
ご利益は、違うと思います。

 

 

僕もそうだけど、人は見た目で判断することが多いから、
どうしても、見た目がよい方を選んでしまいがいちです。
初対面だと、相手の身なりで判断することは、よくあることです。

 

でも、僕のこれまでの人生で感じるのは、本物の人間は、
大衆にまぎれて、あまり目立たないということです。

 

宣伝もしないし、大きなことも言いません。
でも、とてつもない力を秘めている本物が、本当にわずかですが、います。
それは武術家でも宗教家でもいえると思います。

 

そういう方に出会えたなら、この世に生まれてきた価値は十分あるでしょう。
そんな達人たちは、何か共通したものをもっています。
長年の修行から得られた貴重な何か・・です。
その何かを追い求めて、修行を重ねている真摯(しんし)な姿があります。
そういう人に、僕は憧れますね。