「心と体」のアンチエイジング

南波龍童が健康と生き方を考える

人は見た目が大事

人は見た目が大事かどうか、考えてみましょう。
若さと関係があるように思うからです。

 

人を見たときの第一印象は、とても大事です。
元気そうか、そうではないか。
親切な人か、そうではないか。
お金持ちの人か、そうではないか。

 

意識しなくても、会った人を瞬時に判断しています。
第一印象というやつですね。

 

会った瞬間の印象というのは、けっこう頭に焼き付いていて、
ずっと残るらしいです。

 

そうだとすれば、第一印象がよいように、心掛ければよいわけですね。

 

女性はその点、化粧とかメイクとか(同じか・・)、服装とかに興味があると思うので、日ごろ、自分はどんな化粧や服装が似合うか、よく考えて実行していると思います。

 

男性よりも、女性のほうが、身の回りのことに、気をつけているのは確かだと思います。

 

でも、地味な女性、派手な女性、人それぞれですね。

 

第一印象を考えたとき、なるべくきらびやかなものを、ひとつでも身に着けると印象度が高くなります。

 

例えば、指輪でも、ネックレスレも、時計でも、
何かひとつ、自慢できるもの、自信の持てるものを身に着けると、
心が晴れやかになり、自然と笑顔になるでしょう。

 

僕は思うのですが、歳をとるほどに派手になっていいのです。
いや、派手になるべきです。

 

人生を長く生きると、心の中に背負う荷物も多くなります。
心配や悩みも、多くなりがちです。

 

そこで、せめて外見でも派手目にしたら、
心もウキウキするのではないでしょうか。

 

「年相応に」なんていう常識的な考えは捨てて、「年甲斐もなく」のほうが、
元気で若くいられるような気がします。

 

人は見た目が大事というなら、できるだけおしゃれをして、

若作りをしましょう。

 

そうすれば、心も自然と若くなりますから。
忘れてならないのは、笑顔です。

 

笑顔は、自分も、他人も、心をほんのりと温めます。