「心と体」のアンチエイジング

南波龍童が健康と生き方を考える

若さの秘密とは

年齢より若く見える人は、ほかの人と比べて、何が違うのでしょうか。

 

人間には60兆の細胞があると言われていますが、

その細胞ひとつひとつが若いらしいのです。

 

細胞をつくり上げるのは、食べ物による栄養だったり、

空気に含まれる酸素だったりするのでしょうね。

 

確かに、人間は食べずに、息をする呼吸が止まれば、

生きていくことはできません。

 

だからこそ、食べるものの栄養に気を付けたり、

水も浄化されたきれいな水を飲む方が、よいと言われるのでしょう。

とくに、水は体の約70%を占めるといいますから、

天然水に買い求めて飲んでいる人も、少なくないかもしれません。

 

食べ物も水も、空気も、人間にとってとても大事なもので、

健康に深くかかわっていることが分かります。

 

また、呼吸も空気に含まれるプラーナなど体によいものを取り入れるために、呼吸法や気功、ヨガなどが推奨されるんだと思います。

 

僕自身、自然食品を食べていたことがあり、長年、呼吸法の修練をしていたので、

その両方の素晴らしさは、知っているつもりです。

 

若く見える人は、細胞そのものが若いとすれば、こうした口に入れるものも、

いろいろ工夫して、取り入れているのかもしれませんね。

 

中にはまったく、何もしないで、若々しい人もいるかもしれませんけど(笑)。

 

人間は動く動物ですから、動かないことには、退化するのではないでしょうか。

老いて、「歩けない人」は、「歩かなかった人」と、いわれます。

 

ふだんから、歩くことを心掛けていたり、運動している人は、

体がサビつかずに、元気でいられると思います。

 

そんなふうに、若さというのは、日々の暮らし方次第で、

少しでも保つことができるのではないでしょうか。