「心と体」のアンチエイジング

南波龍童が健康と生き方を考える

春は、北国に住む僕たちにとっては、あこがれの季節です。


長く雪に閉ざされた冬から、ようやく解放される安堵感みたいなものが心の中にわいてきます。

 

雪が溶けて、大地に草木が芽を出し、緑になっていく様子を見ると、うれしくなってしまいます。雪に埋もれていた田畑に、何か命が吹き込まれたような気がするからです。

そして、春は新しいことを始めるのに、一番よい季節でもあります。進学、就職と、人生の節目に当たるのが春ですから。こう書くと、春夏秋冬の中で、春が一番よいと決めつけているように聞こえますね。

僕は花粉症がないので、その辛さはよく分かりませんが、中には春は鼻炎がひどくなるので嫌い、という人もいるかもしれません。

春が好きな人、嫌いな人・・。

人それぞれでしょうけど、人はみな違っているからこそ、モノの見方も、価値観も違っていて、勉強になることもたくさんあります。

他人を理解することは、なかなか難しいことですけど、思いやりをもって接すると、相手のことが少しでも分かってくるような気がします。

先ほどの例でいうと、花粉症のない人に、花粉症の辛さはなかなか理解できないものです。僕もそうですけど、他人のことを分かってあげるには、ちょっとした努力や思いやりが必要なのかもしれませんね。

 

思いやりというスパイスがあると、人間関係がうまくいくような気がします。