「心と体」のアンチエイジング

南波龍動が健康と生き方を考える

万物は変化している

この世のすべてのものは、変化しています。モノも心も、時間とともに、変わります。洋服も靴も、使い続ければ古くなります。家具も車も、物質はすべて変化します。 食べ物でも、リンゴの皮をむくと、茶色になるし、古くなると腐ってしまいます。「これって、…

自分にご褒美をたくさんあげて

毎日を楽しく、気分よく過ごすためには、自分にご褒美をあげることが大事なようです。自分に対して、「よくやったね」「よく頑張ったね」とねぎらい、自分が楽しいことをするように心がけることですね。あまりにも真面目だと、自分に対して、「もっと頑張れ…

捨てる発想が成長へと導く

成長するためには、ひとつでも多く身に付けることが大事と、長らく信じていた。たくさん勉強して、知識を吸収して・・。知識でもモノでも、より多く所有することが、良いことだと思っていたけど、どうやらそれは間違いのようだ。新しいものを入れるには、ま…

スマホが動かなくなって感じたこと

スマホの画面がが突然、動かなくなった。ウンとも、スンとも言わない。固まってしまった。こうなると、一切、使えないのだから、スマホは存在しないと同じことになる。災害や事故など、緊急を要する際にも、スマホは欠かせないツールになっている。これがあ…

真剣に働く人の姿は美しい

真剣に働く人の姿は、美しい。調理人でも、セールスでも、事務職でも、すべての仕事において、真剣に取り組んでいる人は、瞳が輝いている。それは、きっと魂が輝いているからなんだろうね。その作業、その仕事に没頭しているのは、本来の自分の役割をきっち…

立ち飲み屋が増えている

最近、全国的に立ち飲み屋が増えているらしい。僕の住む札幌でも、あちこち目につくようになった。立ち飲み屋は、料金が安いのが一番のウリだ。でも、札幌はそれほど格安というわけでもないというのが僕の印象。でも、料金以外に、知らない人とも仲良くなり…

札幌は都心に原始林がある

僕が住む札幌の街は、中心部に原始林の面影を残している。JR札幌駅にほど近い北海道大学の構内は、昼間は観光客、早朝はジョギングや散歩をする人たちで、なかなかの賑わいぶりだ。早朝、原始林のたたずまいを残した北大構内をよく歩く。目にしみいるよう…

7月は滝修行の季節だった

もう30年も昔のこと、僕は体を治すために滝行をしていた時期がある。修験道を極め、神通力を持った阿闍梨の先生のもとで、得度をとったお弟子さんに混じって、参加することを許されていたのだ。当時の僕は、自分で立っているのも辛いほどの体調の悪さ。阿闍…

「厳しい」ことはよいことか?

何事にも、厳しい人がいる。そういう人は、自分にも他人にも厳しいようだ。小さなミスでも、自分を許せない。自分を責める。他人にも、厳しく接する。若いころの僕はそうだった。自分に厳しいことは、自分をすばらしく立派に律するようでいて、実は心の狭い…

フィクションとノンフィクション

フィクションは架空で、ウソのこと。ノンフィクションはリアルに、本当のこと。いろいろな本が書店に並んでいるけど、ノンフィクションでありながら、ほんまかいなという本も、中にはあるね(笑)。たとえば、100万円を1億円にする投資方法とかの ノンフ…

愛と憎しみは同じエネルギー

愛と憎しみは、正反対のことのように感じるが、同じエネルギーらしい。夫婦や家族など、関係性が強ければ強いほど、愛が憎しみに変わることがあるかもしれない。愛するがゆえに憎い、というのはよく聞く話だ。「可愛さ余って、憎さ百倍」ということわざもあ…

願望を実現するためには自信が必要

望みをかなえるためには、自信が必要だ。絶対にできる。必ずやる。そういう強い気持だ。できるかどうかわからない。すごく不安だけど、とりあえずやってみる。こういう弱気な気持では、考えていても、実現しにくくなる。なぜか。心も考えもすべて、波動だか…

夢を実現するには、二つの方法があるらしい

夢を実現する本が、たくさん出版されている。「引き寄せ」に関する本も、目を引く。幸運を磁石のように、引き寄せる方法だ。夢を実現するのに、二つの方法があるという。ひとつは、信念をもって積極的に生きる方法。ひとつは、力いっぱいやったら、天(宇宙…

文明に逆らって生きられるか?

原子力発電反対の運動も、ひところよりは動きがにぶくなったような気がする。夜の繁華街は、煌々と明かりがつき、週末は昼間のようなにぎわいを見せている。電力を節約するために、もし、街灯を減らしてしまえば、治安に不安がでてくるだろう。夜は怖くて、…

歩くことは健康で長生きのひけつ

歩けなくなった人は、歩かなかった人といわれる。老化は、まず足にくるから、本当かもしれない。年をとればとるほど、健康と長生きのために、足を鍛えるべきだ。大女優だった森光子さんが、晩年もスクワットで足腰を鍛えたのは有名な話だ。手軽にできるのが…

苦難は人間を成長させる

好むと好まざるにかかわらず、人間には困難がつきまとう。取る足らないほどの小さな困難もあれば、富士山のような大きな困難に苦しめられることもある。どちらにしても、困難を通じて人間は成長する。僕も成長させられた(笑)。でも、余りにも大きな困難だ…

水はすごい物質らしい

人間の体は、およそ60~70パーセントが、水でできているという。60キロの体重なら、36キロ以上が水分ということになる。水は人間の細胞に浸透し、細胞は完全に水の層で囲まれているらしい。健康と美容のために、よい水を求めるのは、もっともな話だ。僕も今…

家族はかけがえのない大切なもの

人は、家庭という「ベースキャンプ」に暮らしている。南極や北極探検、登山の際に、よく聞くやつね(笑)。「ベースキャンプ」には、食料など生きるのに大事なものを貯蔵し、そこを拠点に活動する。僕たちの「ベースキャンプ」は家庭で、ホームとも呼ばれる…

結婚とは魂の修行

このごろは、結婚をしない若い人が増えているらしい。結婚しても経済的に大変だから、というのがその理由みたいだ。分かるような気がするけど、貧しかった昔の時代でも、結婚する人は多かった(笑)。「ひとりなら食えないけど、ふたりなら食べていける」と…

親子の縁は一番深いから大事に

この世は、縁によって織りなされている。親、兄弟、夫婦、親戚、そして知り合いもすべて、縁があるからこそである。親子は、一番縁が深い関係だ。切っても、切れないからこそ、うまくいけばいいが、こじれると悲惨なことにもなりかねない。子は、親を選んで…

地球は丸くて、動いている

子どものころ、地球は丸いと教えられた。大人になると、地球儀を見ることもなくなり、地球は丸いということも忘れて、日々、忙しさの中で暮らしている(笑)。地球が丸くて、太陽の回りを1年かけて回っていることや、地球が新幹線の6倍以上のスピードで自…

「何を食べるか」よりも「誰と食べるか」

世の中には、いろいろな食べ物やメニューがあふれている。レストランや食事処に行くと、そのメニュー数の多さに、圧倒されることもしばしばだ。日本食から中華、洋食、エスニック料理など、街に行くと実に多くの料理が、簡単に味わえるようになった。ネット…

地に足をつける方法

生きていると、職場でも家庭でも、いろいろなことが起きる。取るに足らない小さなことから、生死にかかわる大きなことまで・・しっかり自分というものを持っていないと、そのときどきの状況に流され、自分を見失ってしまうことが多いかもしれない。そこで、…

自営業とサラリーマン

自営業とサラリーマンの両方を体験して思うのは、人間には向き、不向きがあるということ。僕はサラリーマンには、悲しいことに向いていなかった(笑)。僕がサラリーマンをやめて自営になったのは、35歳のときだった。どうにかこうにか人並みな健康を得て、…

紙に手書きのほうが心に残り、天にも通じやすい

昔から、パソコンよりも、紙に手で書く方が好きだった。日記もノートに書いていたし、メールよりも手紙の方がより相手に伝わると思っている。でも、現代はデジタルの時代だ。仕事でパソコンは欠かせないし、そのスキルは大きな武器であることは承知している…

心もやわらかく、体もやわらかく

何事にも、意気込んで全力で取り組むことは、よいことのように思える。でも、全力には、心のゆとりがないし、堅さがある。堅さは、けっこうもろい。武術でも、堅いと動きが遅いし、堅いと相手に崩されやすい。やわらかい方が、相手は攻めにくい。相手に合わ…

震災の記憶はだんだん薄れていくけれど

東日本大震災から7年が過ぎた。いまだに仮設住宅の暮らしを余儀なくされていたり、心や体の傷を負っている方のことを思うと、心が痛む。体の傷は治るかもしれないけれど、心の傷は、そうそう癒えるものではない。震災が起きたとき、すばやくボランティアで…

田舎の良さ、都会の良さ

https://nanba-ryudou.jimdofree.com/ ずっと札幌の中心部に住んでいて、都会の利便性にすっかり慣れ、親しんでいる。すぐ近くにコンビニもあるし、焼き鳥屋もある(笑)。仕事でも、遊びでも、都会は便利だ。僕が都会で一番気に入っているのは、人が多いこ…

相手と接触するスポーツと、接触しないスポーツ

昨夜はサッカーのワールドカップで、日本はコロンビアに勝ち、テレビに釘付けになった人も多かったのではないか。スポーツにも、いろいろな種類があって、それぞれにファンがいる。昔は野球一辺倒だったけれど、今はサッカーファンが多く、サッカーチームに…

人生は出会いと別れ

振り返ってみると、これまで多くの人と出会い、別れてきた。オギャーと産声を上げ、母親と初めて顔を合わせ、兄弟と会い、学校や職場で、出会いと別れを繰り返す。楽しい出会いも多いけれど、つらく、切ない出会いもある。そのつらく、切ない出会いにしても…